江戸時代の文芸を講読する。文芸の性質として「教訓」と「滑稽」を主題に読み解く。散文を中心に扱う。適宜和本を見せ、当時の人の意識にそった鑑賞法を伝授する。毎回の授業に読書課題とレポートおよび小テストがある。