私たちが現在イメージするような忍者、たとえば黒装束で手裏剣を投げるといった忍者像は、文学・芸能の中で作られていったものです。江戸時代から現代までの忍者作品を具体的に辿ることで、忍者像の形成と変遷を明らかにしていきます。