建築分野における主要構造材料であるコンクリート、鋼材および木材に関する知識を講義および実験を通して修得する。
H形鋼材の曲げ試験では、弾性力学の基礎を復習・理解する。

鉄筋の引張り試験では、鋼材の機械的性質を復習・理解する。
コンクリートの強度試験では、学生自らがコンクリートの調合設計・打込みを行い、作成した供試体を用いて強度試験を行う。
鉄筋コンクリート梁の曲げ試験では、梁部材の制作および曲げ実験を通して、鉄筋コンクリート部材の曲げ理論の確認と、その破壊挙動を理解する。
木材については要素試験によりその基礎的な材料特性を把握する。