5書体の中から、草書を扱う。日常生活の中の草書にも目を向けながら、草書表現の広がりへの関心を高める。