看護の対象の持つ力を維持、あるいは、最大限に発揮できるような知識と技術を学ぶ。

講義・演習の参加する際、事前・事後課題を行い、自分の考えや疑問を整理してから参加して下さい。