1.卒研

2.仲間との交流による自己成長

3.仲間との協力によるゼミの活性化